アトリエNOBU雑記

銅を炎(ガストーチ)を使って色付けした緋銅の桜たち。

熱した銅をある薬剤を溶かした水で急冷させる色付け方法もありますが、
私はどうもその風合いが好きになれなかったので、炎のみで色付けしています。

どういう原理で赤くなるかは、、、よく分かりません(^_^;)
いつもと同じように色付けしたつもりでも、全く色が付かないこともあれば
火を入れ過ぎて金属自体を柔らかくしてしまうこともある難しい作業です。


そんな方法で色付けした緋銅は
とても深みのあるステキな赤色ですよ♪

画像の桜たちは伊勢丹新宿店 本館7階=呉服に納品しました。
ぜひ実物をご覧くださいませ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する